【イベント】多文化共生ワークショップ【オンライン講座】

第12回多文化共生ワークショップ

福山市の外国人市民の半数以上
労働を目的の一つとして福山に転入してきた人たちです。
2020年当初からのCOVD-19の感染拡大により、
これらの人びとにどのような影響が出ているのかを学びます。
外国人に係わる制度手続きがどのように変わり、どんな問題が起こっているのか、
雇用主派遣組合と外国人市民の間でどのようなトラブルが起きているのかについて、
行政書士の立場労働組合の立場からお話しいただきます。
加えて、外国人労働者の雇用について優良な企業を増やしていくプロジェクトの
取り組み事例もお話しいただき、外国人市民にとって住みやすいまちづくりについて考えていきます

詳細

日時 : 2021年06月06日(日)
時間 : 10:00〜12:30
定員 : 100人
参加費: 無料 【※事前申込が必要です】
※お申し込みをいただいた方に,当日の参加URL等をお送りします
場所 : オンライン(ZOOM使用)

◆参加にあたって
あらかじめ【ZOOM】アプリをインストール(無料)していただく必要があります
※【インストール済の方】バージョンアップをお願いします。
※【PC参加の方】アプリをインストールしないでブラウザから参加することも可能です
https://zoom.us/join

テーマ

「コロナ禍の外国人労働者」
①法制度や手続き
②労働者が抱える問題の事例
③優良な企業を増やしていく取組み

の内容で3人の講師からお話を伺います。
職場や身近に,外国から働きに来ている人がいるという方に
ぜひ,聞いていただきたい内容です。

講師

馬場 依奈美
→外国人サポートセンター 行政書士馬場依奈美事務所 代表

武藤 貢
→福山ユニオンたんぽぽ 執行委員長

堀西 雅亮
→一般財団法人 ダイバーシティ研究所
職場の外国人受入環境設備プロジェクト プロジェクトメンバー

お申し込み

https://bit.ly/3wwTvJB ←ココをクリック
お申し込みをいただいた方に,当日の参加URL等をお送りします

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。