【終了】北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展

「北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展」は尾道市立美術館にて開催中

陶芸家リサ・ラーソンのやさしくかわいい動物や素朴で温かみのある表情豊かな作品、約190点の傑作
尾道市立美術館にて平成31年3月16日(土)~5月6日(月・振休)まで展示中です。

リサ・ラーソンとは?

森や水辺など豊かな自然に囲まれたスウェーデンの世界的な陶芸家リサ・ラーソン。
有名な彫刻にSmall Zoo(1955)、ABC-girls(1958)、Africa(1964)、Children of the World(1974)などがある。
福山尾道美術館

80歳を過ぎた今もその意欲は衰えることなく、本国のみならず日本をはじめ世界中に多くのファンがいる。

イベント詳細

<会期>
 平成31年3月16日(土)~5月6日(月・振休)
<開館時間>
 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
<休館日>
 月曜日(祝日は開館)
<入場料>
 一般/800円、高大生/550円、中学生以下無料
  ・前売は各200円引き、20人以上の団体は各100円引き
  ※70歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものを提示により無料
<会場>
 尾道市立美術館
  住所:広島県尾道市西辻堂町17-19(千光寺公園内)
  TEL:084-823-228
<アクセス>
 電車:JR山陽本線「尾道駅」から、東行きバス(1番のりば)で「長江口」下車、
 千光寺山ロープーウェイで「千光寺公園」へ。
 (ロープーウェイのりばで、「往復乗車券+観覧券」のお得なセット販売あり。)
 ※なお、美術館最寄りの「千光寺公園」行きバスは便数が少ないのでご注意下さい。
 ・ロープーウェイ山麓駅観光案内所
 TEL:084-837-9736

 車:千光寺山ドライブウェイ経由で「千光寺公園駐車場(有料)」をご利用で、入場時に駐車券提示により
 1名に限り200円割引きになります。
 ・山陽自動車道尾道ICより約20分
 ・山陽自動車道福山西ICより約15分
 ・JR山陽本線「尾道駅」、JR山陽新幹線「新尾道駅」からタクシーで約15分

<サイト>
 https://www.onomichi-museum.jp

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。